/

この記事は会員限定です

EV化「部品会社1社も取り残さず」 マツダ菖蒲田会長

2022年 中国地方を拓く①

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」がじわりと広がり、感染第6波の懸念とともに幕を開けた2022年。長引くコロナ禍に加え、原材料高や脱炭素への対応など今年も激動の1年になりそうだ。中国地方の企業や自治体はどう動くのか。キーマンに聞くインタビュー企画、第1回はマツダの菖蒲田清孝会長。地域や自動車業界がカーボンニュートラルにどう立ち向かうのかを聞いた。

――22年に力を入れる重点テーマは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン