/

この記事は会員限定です

備前焼のリサイクル始まる 地域での資源循環目指す

[有料会員限定]

中世から生産が続く焼き物の「日本六古窯」の1つ、備前焼の文化をつなぐ新たな取り組みが始まった。生産の過程でできる廃棄品を回収して粉砕、再生した素材を使って「リサイクル陶器」をつくる取り組みで、先行販売の売り上げは24日からの3日間で120万円を超えた。焼き物づくりで廃棄を出さず、資源を循環させる地域づくりが進みそうだ。

備前焼リサイクルの事業を始めたのは、1月に設立された会社のthe contin...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン