/

日本企業の貨物船被弾、1人けが ウクライナ南部沖

(更新)

ウクライナ南部のオデッサ沖で25日に攻撃を受けた貨物船「ナムラ・クイーン」について、愛媛県今治市の海運会社が自社の保有船舶であると26日明らかにした。乗組員は船長を含め20人で、いずれもフィリピン人。男性船員1人が肩にけがを負ったが、命に別条はないという。

ナムラ・クイーンはパナマ船籍のばら積み船で、トウモロコシを積み込むためにオデッサ州南部の港へ寄港する予定だったという。攻撃後も自力で航行できる状態で、被害状況の把握や船員の安全確保のためトルコを目指し南下しているという。

海運会社は船員の安全確保と情報収集を急いでおり、担当者は日本経済新聞などの取材に対し「今は船と船員を守るための対応で必死だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン