/

この記事は会員限定です

都心部の人出1割増 銀座や難波、宣言解除前に外出再開

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が期限を迎える前の最後の日曜日となった26日、東京・銀座、大阪・難波など都心部の人出は1カ月前に比べて1割以上増えた。観光地では4割増えた地点もある。ワクチン接種の広がりや新規感染者の減少で、外出を再開する動きがみられる。

ドコモ・インサイトマーケティング(東京・豊島)が提供する携帯の位置情報データをもとに、日本経済新聞が26日午後0時台の推計滞在人口を分析した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン