/

この記事は会員限定です

学習支援で生まれる地域の結びつき 川崎市の寺子屋事業

点照

[有料会員限定]

「この計算これでいいの?」「そのとおり。よくできました」。川崎市は地域の大人たちが「先生」となり、放課後の小中学校で児童生徒の学習を手助けする独自の「寺子屋」事業に取り組んでいる。

学童保育とは異なり、地域の人々がボランティアとして関わるのが特長だ。核家族化や共働き世帯の増加、高齢化を背景に様々な世代の住民が交流することで、地域の結びつきを強める狙いがある。最近、新型コロナウイルス禍で外に出る機会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン