/

この記事は会員限定です

旅行頻度が高い人、認知機能低下を抑制か 東北大学など

[有料会員限定]

東北大学加齢医学研究所と旅行大手のクラブツーリズムは、旅行によく行く人は幸福度が高まり、認知機能低下の予防効果も期待できるとの共同研究結果をまとめた。調査結果を踏まえて脳の健康維持に役立つ旅行を研究し、サービスの提案を目指す。

幅広く情報を求める知的好奇心のひとつ「拡散的好奇心」が高い人は、観光や食事、移動などの新たな体験ができる旅行に行く。

調査では年10回以上の旅行に行く人が拡散好奇心の数値が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン