/

生き物との近さ、鳴き声で届ける 香川のしろとり動物園

おでかけスポット ステイホーム編

ヤギやペリカンなど飼育している動物の鳴き声を配信している(東かがわ市提供)

香川県の東かがわ市にある「しろとり動物園」。ヤギやペリカンなど飼育している動物の鳴き声をインターネットなどで聞くことができる。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、同園もゴールデンウイーク(GW)は入園規制を設けるなど我慢が続く。音を通じて自宅でも来園気分を楽しんでもらう。

同園はウサギやクジャクなどの動物を園内に放し飼いにしており、キャッチコピーは「自由過ぎる。」だ。動物との距離が近くふれあえることが特徴で、家族連れやカップルに好評だ。そんな民営の人気スポットの雰囲気を来園しなくても味わってもらおうと、東かがわ市が2月、鳴き声の配信を始めた。ヤギやペリカンのほかモルモット、ガチョウなどの鳴き声も聞ける。

同市は音楽投稿・販売サイト運営のオーディオストック(岡山市)が2020年に始めた各地の音を配信するプロジェクト「Sounds of JAPAN」に参加。音声は同社ウェブサイトから無料試聴して購入したり、大手音楽配信サービスのアップルミュージックなどからダウンロードしたりできる。

東かがわ市の配信では他に、園から車で20分弱の距離にある、瀬戸内海を望む山田海岸の波の音も聞ける。BGMとして使ったり、リラックスしたりしたいときに最適だ。さらに地場産業にまつわる音声も検討。全国有数の生産量を誇る手袋ならミシンで縫う音、和三盆糖づくりなら型枠から和三盆糖を抜く音などのアイデアがある。

今後も鳴き声を配信する動物を増やしていく(東かがわ市提供)

しろとり動物園は入園規制を設けるなどしてGW中も営業を続ける予定だが、来園者の多い大阪府や兵庫県には緊急事態宣言が出されており、例年のような集客は難しい。副園長の松村一史さんは「鳴き声を聞いて自宅で動物園気分を味わってもらい、新型コロナの収束後に足を運んでもらえれば」と話している。

(高松支局 桜木浩己)

▽アクセス JR高徳線の讃岐白鳥駅から車で約10分。高松自動車道引田インターチェンジから車で約10分。
▽営業時間 午前9時~午後5時、入園は午後4時まで。GWは入園規制あり。
▽料金 大人(中学生以上)1300円、子供600円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン