/

この記事は会員限定です

群馬・山本知事「企業へのトップセールス本格化」

2022年 北関東トップに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の第6波も懸念される中で迎えた2022年。北関東の自治体や金融機関のトップには危機対応へのかじ取りに加え、コロナ後を見据えた次の一手も求められる。群馬県の山本一太知事は、昨年導入したワクチンのデジタル接種証などの成果を踏まえつつ、同県のデジタル化を全国トップレベルまで引き上げる目標を掲げた。危機対応にあたりながら、トップセールスによる企業誘致などの取り組みを本格化する1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン