/

この記事は会員限定です

広島電鉄、バス事業で運行管理を集約 コスト削減

[有料会員限定]

広島電鉄はバス事業で運転手の点呼や運行指示の集約を進める。現在は営業所ごとに担当を置いているが、IT(情報技術)を使い中央の営業所から一元的に管理する体制に移行、間接部門の人員を圧縮する。公共交通をとりまく経営環境は厳しい。5月から実証実験を始めており、規制緩和をにらみながら全社的な導入を検討する。

広電は約800人のバス運転手と約550台のバスを、運行管理者・事務スタッフ合計約200人で支援する体制をと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン