/

この記事は会員限定です

水産業に「緑の波」 愛媛の漁協など、プラゴミを燃料に

養殖王国 愛媛の挑戦㊦

[有料会員限定]

養殖業界にもESG(環境・社会・企業統治)に配慮する「緑の波」が押し寄せている。愛南漁業協同組合は2022年度、養殖資材から出るプラスチックゴミを再利用する動きを本格化する。さらに養殖業者は家畜などを快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」にも取り組む。海外市場をにらみつつ、地域と育つ新しい養殖産業を模索する。

マダイを中心に県内有数の養殖規模を誇る県最南端の愛南町で、持続可能な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン