/

この記事は会員限定です

海外輸出や多魚種化 愛媛の養殖業、コロナ下で知恵絞る

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の長期化で、飲食店向け需要が安定しないなか、マダイなど日本屈指の生産量を誇る愛媛県の養殖業や水産加工会社が対応に知恵を絞っている。水産加工では海外市場の開拓を目指して設備投資に踏み切り企業連携も加速している。養殖業者も生産する魚種を柔軟に変えるなど、急激な需要の変化に対応する。

「マダイの出荷が完全に止まった。価格が底をついても一向に売れなかった」。愛媛県愛南町のある養殖業者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン