/

栃木県、27日から「まん延防止」 旅行割2月2日から停止

栃木県に27日から新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が適用されることが決まり、福田富一知事は25日、改めて県としての対応を公表した。重点措置は2月20日まで。飲食店には営業時間の短縮を求める一方、県の認証店には協力金額の異なる選択肢を設けている。福田知事は「どちらが営業に有利か判断した上で対応してほしい」と話した。

観光促進策の「第2弾県民一家族一旅行」は2月2日から栃木と茨城県民の既存予約分への適用を停止する。すでに新規販売は停止していた。同施策は隣県の群馬、埼玉、茨城の各県民に対象を拡大していたが、すでに重点措置が適用されている群馬、埼玉の両県民の既存予約分については27日から停止することを決めていた。

県内の中小企業に対しては感染対策にかかる経費を一部補助する。補助率は3分の2以内で、上限は100万円。自動検温サーマルカメラや二酸化炭素濃度測定器の導入などが対象となる。公募期間は2月4~21日。

新型コロナウイルスの無料検査については期間を延長し、2月28日まで実施する。県内在住者は県内の薬局など約140カ所の拠点で検査を受けることができる。ただ、検査キットの不足も指摘されており、福田知事は「足りなくなった場合は、対象を縮小する可能性もある」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン