/

この記事は会員限定です

東北の地ビール醸造所、岩手が最多 水やホップ調達強み

データで読む地域再生

[有料会員限定]

東北のクラフトビール(地ビール)が活気づいている。原料となるホップの国内生産量は上位3県が岩手、秋田、山形で9割以上を占める。良質な水もあり、6県の醸造所は10年前の2.3倍、46カ所に増えた。東日本大震災や原子力発電所事故からの復興の一助にもなっている。

岩手県には東北最多の13醸造所がある。ヘリオス酒造(沖縄県名護市)は2020年4月、全国的に知られた「銀河高原ビール」の撤退で閉鎖の危機にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン