/

この記事は会員限定です

茨城の器、地酒や食材とセットで海外へ

[有料会員限定]

茨城県の地酒や食材とセットで、工芸品の金属器や陶器を輸出する試みが進んでいる。東海村の非鉄鋳造会社は地酒輸出を進める県と組み、錫(スズ)で作った酒器を香港に輸出した。日本貿易振興機構(ジェトロ)は笠間焼と県産食材を一体でPR。視覚と味覚の両面で魅力を発信する。

錫器で地酒おいしく

「錫の器に冷酒などを注ぐと味がまろやかになるようです」。銅やアルミの鋳物を製造する沢幡製作所(東海村)の綿引栄寿社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン