/

この記事は会員限定です

中四国、松江がテレワークしやすさ3位 余暇+仕事に力

データで読む地域再生

[有料会員限定]

中四国のテレワーク環境は松江市が全国3位など全国的にも優位な都市が目立つ。同27位の高松市はシェアオフィスが充実。オフィス機能だけでなく、起業の機会を求めて人々が集うコワーキングの場として地域活性化を目指す。余暇と仕事を組み合わせた「ワーケーション」環境を整備し、大都市圏からの受け入れに注力しているのも中四国の特徴だ。

データで読む地域再生

全国3位の松江市。地元ケーブルテレビ会社の光回線の高速通信網が市内をカバーして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン