/

広島・福山市、飲食業関係者などにワクチン接種優先枠

広島県福山市は25日、64歳以下への新型コロナウイルスワクチン接種について、飲食業や旅館・ホテル業など、緊急事態宣言で大きな影響を受けた業界の従業員などを優先枠の対象に含めると発表した。具体的には基礎疾患を持つ人や高齢者施設のスタッフなどの「優先接種」とほぼ同等の扱いが受けられる「早期接種」という枠を設け、飲食業、旅館・ホテル業、バス・タクシー業、消防団の4分野を対象にする。

消防団以外は市外からの来訪者との接触機会が多い人たちで、利用者を守るためにも重要だとしている。業界団体などを通じて接種枠を割り当てるという。予約や接種開始日は未定としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン