/

この記事は会員限定です

日本政策金融公庫、創業前融資先11%減 コロナで計画変更

[有料会員限定]

日本政策金融公庫は、埼玉県内の2020年度の創業融資実績(創業前と創業後1年以内)を発表した。融資先は19年度比72%増の1595件、融資額は55%増の92億円だった。創業前の事業者に限ると、11%減の481件と前年を下回っており、日本公庫は「創業計画の見直しや延期を余儀なくされた」とみている。

創業前の融資ではサービス業で16%減の145件、飲食店では29%減の67件とコロナ禍で事業環境が悪化し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン