/

この記事は会員限定です

ネット限定販売や独自商品開発 首都圏企業が酒流通支援

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ酒類メーカーを支えようと、首都圏の企業がユニークな支援策を打ち出している。ネット限定販売の日本酒を共同開発したり、近年人気が高まる日本酒からつくったクラフトジンを製造したりと知恵を絞る。飲食店向けの販売が落ち込む中、新たな酒の楽しみ方を提案しようとしている。

日本酒「菊泉」を製造販売する滝沢酒造(埼玉県深谷市)。主力の飲食店向けの販売が5割も落ち込むなかでも販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン