/

ふるさと納税で生産者支援、トラストバンク 

ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京・渋谷)は全国の生産者や事業者の支援を始める。24日から12月末までに同サイトを通じて寄付された金額の0.5%相当を、新型コロナウイルスで打撃を受け新事業に挑む生産者や事業者に支援金として送る。

寄付者は同サイト内で今回の支援事業「パワー・オブ・チョイスプロジェクト」にエントリーして、ふるさと納税をする。寄付額に応じて同社側が総額で最大5千万円の支援金を出す。寄付者に支援に伴う金銭負担は生じない。寄付者には改ざんが難しい「NFT」の独自デジタルアート「チョイタ」を配布する。寄付者はチョイタを電子市場で二次販売することもできる。

支援金の送り先は同社が希望事業者を募ったうえ、外部有識者を交えて決める。特産品や観光コンテンツの開発、新たな物流システムの構築などを手がける事業者が対象になる。支援金は2022年4月以降に送る。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン