/

「ローカル線維持を」 中国知事会がJR西日本に要望

中国地方5県の知事は25日、オンラインでJR西日本の幹部と会談し、ローカル線の存続や減便が予定される今年春のダイヤ改正について再考するよう要望した。中国地方知事会長を務める山口県の村岡嗣政知事は「住民生活や地域経済に大きな影響を及ぼす。(鉄道の)ネットワークの維持を考えてほしい」と求めた。

JR西の長谷川一明社長はローカル線の見直しについて、1キロ当たりの1日の平均乗客数を示す「輸送密度」が2千人以下を基準とする考えを示している。岡山県新見市と広島市を結ぶ芸備線などが該当する。

長谷川社長は会談で「厳しい経営状況の中、事業の存続を懸けて構造改革に取り組んでいる。持続可能な地域交通に向け、地域振興に役立てるよう努力する」と述べた。知事会は、同社が検討中の支社機能集約についても慎重な検討を求めた。

広島県の湯崎英彦知事は終了後「鉄道は一度やめると簡単に復旧できない。芸備線だけでなく全国的な問題。JRの在り方も含め全体で取り組む必要がある」と話した。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン