/

この記事は会員限定です

R&Cグループの長野県連合青果と長印が合併 22年4月に

[有料会員限定]

青果卸のR&Cホールディングス(R&CHD、長野市)は25日、傘下の長野県連合青果(長野県上田市)と長印(長野市)が2022年4月1日に合併すると発表した。長野県連合青果と長印は、15年に共同持ち株会社のR&CHDを設立して経営統合した。合併により経営効率化をさらに進める。

長野県連合青果を存続会社、長印を消滅会社とする吸収合併方式をとる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン