/

この記事は会員限定です

武蔵野銀行・長堀頭取「高齢者に会員制支援サービス」

10月から地域商社で

[有料会員限定]

武蔵野銀行は地域商社「むさしの未来パートナーズ」(さいたま市)を6月に設立し、10月から営業を始める。企業の新ビジネス開発支援サービスと、高齢者ニーズに対応したサービスを地元企業と連携して提供する。長堀和正頭取に狙いを聞いた。

――地域商社ではどのようなサービスを提供しますか。

「クラウドファンディング(CF)を活用し、企業のビジネス開発を支援するサービスと、高齢者の生活を支援するサービスの2つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン