/

この記事は会員限定です

空き家解消へ連携協定 武蔵野銀行と埼玉・熊谷市ら

[有料会員限定]

埼玉県熊谷市、武蔵野銀行、クラッソーネ(名古屋市)は25日、空き家問題の解消に向けて、空き家除却(解体)促進に関する連携協定を締結した。空き家の所有者や市民向けのセミナーを共同で実施するほか、資金相談に応じる。

クラッソーネが手掛ける空き家所有者と解体業者のマッチングサービスや、人工知能(AI)による解体費用の見積もりなどを活用し、空き家の解体を後押しする。解体希望者に対しては、武蔵野銀行の「空き家活用ロー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン