/

この記事は会員限定です

当事者目線で性教育の講演 産婦人科医の遠見さん

ひと輝く

[有料会員限定]

聖マリアンナ医科大生時代から始めた性教育の講演活動は17年目に入り、900回を超える。「えんみちゃん」の愛称で知られる産婦人科医の遠見才希子さん(37)は「一人ひとりが互いの体を尊重することが大事。性教育は人権教育だ」と強調する。

活動の原点は「中高生が性について、もっと気軽に楽しく、真面目に考える場があればいいのではないか」。しかし、性をタブー視する風潮のなか、当時はそんな場所はなかった。「なけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン