/

広島銀行、売掛金の回収代行サービスを開始

広島銀行は企業がネット通販サイトなどで商品を販売する際、売掛金の回収を代行するサービスを始めた。法人同士の取引が対象で、購入先が代金を払えなくなった場合、同行が立て替える。売り上げを回収できないリスクを減らして事業を拡大できるとして、中小のメーカーなどに提案する。

マネーフォワードケッサイ(東京・港)と組み、「ひろぎんBill」を始めた。広島銀が購入先企業の支払い能力をチェックするほか、売り上げの回収を代行する。購入先の信頼が低い初回の売買における利用が中心になるとみる。広島銀は売り上げのうち、0.5~3.5%の手数料を受け取る。

掛け取引の代金回収は一般的に請求書の作成や発送が必要になる。ひろぎんBillを使えばネットでの申し込みだけで済むため、業務の効率化にも貢献できるとみる。数年で数百社への導入を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン