/

この記事は会員限定です

川崎市、脱炭素関連の融資・補助金利用が順調

[有料会員限定]

政令指定都市の中で最も多くの温暖化ガスを排出する川崎市で、2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」に向けた融資や補助金の利用が増えている。中小事業者が機械の省エネ化や太陽光パネルの設置を進めるケースが目立つ。環境に配慮した事業に使途を限る市発行の「グリーンボンド(環境債)」も完売し、脱炭素化に向けた意識が少しずつ高まっている。

川崎市が20年11月に脱炭素戦略を策定し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません