/

高松の新駅ビル「瀬戸内海をイメージ」 JR四国

JR四国は25日、高松駅の北側に新設する駅ビルのデザインコンセプトを発表した。「瀬戸内海の穏やかな海のゆらぎ」を表現し、商業棟のガラスには淡い青色を採用する。2022年3月から着工し、23年度後半の開業を予定している。

商業棟は地上4階建ての鉄骨造りで、1~3階が商業施設、4階は屋外広場などになる。駐車場棟は地上4階地下1階の鉄骨造りで、商業棟と駐車場棟を合わせた延べ床面積は約1万5490平方メートル。テナントについては現在検討を進めている。

駅に並ぶ既存棟を陸としてとらえ、新設する商業棟に瀬戸内海のイメージを反映することで、高松における海と陸のつながりを表現する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン