/

この記事は会員限定です

横浜市「ポストIR」決め手なく 漂う経済振興策

横浜市 山中市長就任1年(下)

[有料会員限定]

横浜市の山中竹春市長は就任直後、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致撤回を宣言した。IRに代わる市の経済活性化策として、脱炭素と観光MICE(国際会議など)の推進を掲げたが、いずれも緒に就いたばかりで「ポストIR」の決め手となっていない。税収のおよそ5割を個人市民税に頼る横浜市に、人口減少の危機が迫る。

「IRに匹敵する経済活性化策はない」「100年に一度のチャンスを逃した」――。いまでも市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません