/

山口FG、CO2排出量算定支援サービス開始

山口フィナンシャルグループ(FG)の子会社、ワイエムコンサルティング(山口県下関市)は環境調査会社のウェイストボックス(名古屋市)と提携し、企業を対象に事業活動に伴う二酸化炭素(CO2)排出量の算定支援サービスを始めた。

ワイエムコンサルが算定を支援するのは、企業と連結子会社の燃料使用に伴う1年間の直接排出量(スコープ1)と、電力使用に伴う間接排出量(スコープ2)。サプライチェーン全体の排出量を出すために調達先などの排出量(スコープ3)が必要な場合は、ウェイストボックスを紹介する。

山口FGの取引先の中小企業は、販売先などの大手企業がサプライチェーン全体の排出量を算定するため、自社の排出量(スコープ1、2)を開示するように求められるケースが多いという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン