/

「都会型太陽電池」 小池都知事、開発の電通大を視察

東京都の小池百合子知事は25日、電気通信大学(東京都調布市)を訪問し、開発中の新型太陽電池を視察した。屋根やビルの壁面など都市部での設置を想定した「都会型円筒形太陽電池」で、小池知事は視察後、「様々な工夫で厳しいエネルギー情勢を乗り越えていきたい。研究がさらに進むことを期待している」と述べた。

新型電池は発電シートを収めた軽量で細長い円筒を並べた構造で、円筒形とすることで太陽の向きにかかわらず発電量を多くすることができるのが特徴という。

電気通信大によると、発電量は一般的な平板型の1.5倍程度となることが期待される。将来は円筒の部品を量販店で販売し、ユーザーが乾電池や蛍光灯のように交換できるようにすることを想定しているという。

現在は新型電池の安全面の検証を進めており、1年半から2年程度での実用化を目指している。東京都は電力を「減らす、つくる、ためる」取り組みを強化しており、再生可能エネルギーの導入拡大を通じてさまざまな課題の解決につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン