/

この記事は会員限定です

接種間隔、日本は「原則8カ月」 前倒し求める自治体も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種は、日本では2回目から原則8カ月以上の間隔を置いて実施される。3~4月に先行して2回目を接種した医療従事者を手始めに12月1日から始まる。接種を担う自治体側には間隔が6カ月でも認めるよう求める声がある。

厚生労働省は8カ月経過した接種者数をもとにワクチンを配分するとし、自治体の判断で接種を早めることを認めていない。ただクラスターが発生した地域などは例外とするこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン