/

この記事は会員限定です

自治体、民間出身者の求人を拡大 6年間で7倍に増加

[有料会員限定]

自治体が民間出身者からの職員の求人を広げている。転職サイト大手のエン・ジャパンの集計によると、2015年に民間出身者向けに出した自治体の求人を100とした場合、21年は7倍強に増えた。任期付き職員や副業人材としての採用の伸びが目立つ。デジタル化の加速などで業務の幅が広がる中、新卒にこだわらない人材確保策として定着してきた。

同社が扱った地方公務員の求人を集計したところ、民間出身者を対象にした常勤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン