/

この記事は会員限定です

災害・救急医療現場へ米技術を導入 桜井一敏氏

多彩人財

[有料会員限定]

エアーストレッチャー(長野市)は災害や救急医療の現場に欠かせない用具や資材を開発、販売している。新型コロナウイルスの感染拡大後は、屋外に臨時の施設を設ける際に使う大型テントなど、現場のプロが求める機能性の高い製品を供給している。桜井一敏会長は「人との出会いが一番」と半生を振り返る。

「スポーツと美術が好きだった」。南佐久郡桜井村(現佐久市)に生まれ、小中学校はガキ大将。柔道二段だった桜井少年は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン