/

殿様プリン発売、福島の旧相馬藩主 移住先の広島で生産 

福島県相馬地方の旧相馬藩の34代当主、相馬行胤(みちたね)氏が「殿様プリン」を発売した。東日本大震災後に移住した広島県神石高原町で営む牧場の牛乳のほか、同県福山市産の鶏卵を使い、やさしい味わいが特徴という。売り上げの数%は相馬地方の伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」の振興などに役立てる。

プリンは神石高原町の業者が手作りする。添加物やカラメルを使わず、素材の味を引き立たせた。1個(90グラム)で518円。ポケットマルシェ(岩手県花巻市)が運営する産地直売サイトを通じ、月1万個の販売を目指す。今後、福島の加工業者と連携した商品生産も検討する。

相馬氏は2013年に同町に移住し、14年に酪農業を開始。約20ヘクタールの牧場で乳牛約40頭を自然放牧で育てている。甲冑(かっちゅう)をまとった騎馬武者が時代絵巻を繰り広げる相馬野馬追では総大将を務める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン