/

この記事は会員限定です

鳥取・大山、空き家率最も改善 次を呼び込む移住者

データで読む地域再生

[有料会員限定]

中国・四国地方の2018年の空き家率を13年と比べると、改善幅は鳥取県大山町が7.9ポイントと全国の自治体で最大となった。北は日本海に面し、日本百名山のひとつ、伯耆(ほうき)富士とも称され威容を誇る大山のそびえる風光明媚(めいび)な土地の魅力に引かれて空き家に住む移住者が増えたためだ。背景に近隣商工団体と一体となった魅力発信や手厚い行政の補助制度、地元住民と移住者が連携してさらなる移住者を呼び込む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン