/

ベイシアグループのコンビニ、コインランドリー事業開始

セーブオンのコインランドリーではアプリを使って空き具合などを確認できる(栃木県栃木市)

大手スーパー、ベイシア(前橋市)のグループ企業でコンビニエンスストアを展開しているセーブオン(同)はコインランドリー事業を始めた。栃木県栃木市内で運営している「ローソン」に隣接する1号店をオープンした。洗剤を使わずアルカリイオン水で洗濯するのが特徴。コンビニとの相乗効果に期待しており、さらなる出店を検討する。

ローソン栃木片柳二丁目店(栃木市)の敷地内で20日にオープンしたのは「コインランドリーALKALI(アルカリ)」。セーブオンは、洗剤を使わずに洗濯する独自技術を持つwash-plus(ウォッシュプラス、千葉県浦安市)と北関東地区におけるライセンス契約を締結しており、その1号店となる。

コインランドリー事業を立ち上げたのは新たな収益の柱に育成するのが狙い。雨天時にはコンビニの客足が鈍る一方、コインランドリーでは集客を見込めることなどから相乗効果を見込んでいるという。今後、新たなコインランドリーの出店を検討する。

セーブオンが展開するコインランドリー(イメージ)

ウォッシュプラスのノウハウには、洗剤が残らないため肌の弱い消費者などでも安心して洗濯できる利点があるという。また、洗濯機をインターネットに接続しており、スマートフォンの専用アプリから空き状況や洗濯の進み具合を確認できる。

セーブオンは1984年の設立で、作業着のワークマンやホームセンターのカインズなどと同様にベイシアグループに属する。以前は自社ブランド「セーブオン」のコンビニを展開していた。2017年にローソンと「メガフランチャイズ契約」を締結して店舗ブランドをローソンに転換。現在は群馬や栃木、茨城など8県で約340店を運営している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン