/

この記事は会員限定です

成層圏を教育の舞台に 徳島大の佐原理准教授

[有料会員限定]

地上30キロメートル前後の成層圏に拡声器を打ち上げ、そこから宇宙人にメッセージを発信しよう――。2021年3月、京都府の小学生2人と組んで、そんなプロジェクトを実現させた人物がいる。徳島大学の准教授、佐原理(43)だ。

愛知県で生まれ、高校の美術講師などを経て名古屋大学で博士号を取得した。最新の技術開発を生かした芸術表現を探求するメディアアートの研究者。「米国での気球実験に触発され、12年ごろから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン