/

この記事は会員限定です

創薬のアークメディスン、旭化成系と359億円で独占契約

[有料会員限定]

創薬スタートアップのアークメディスン(茨城県つくば市)は、難治性疾患薬に使う低分子化合物技術で旭化成ファーマと独占契約を結んだ。旭化成ファーマは同技術を使った薬を全世界で開発・販売する。アークメディスンは契約一時金などで最大359億円を受け取る。つくば市発のスタートアップでは過去最高水準の契約料を得て開発力を強化、2024年の株式公開を目指す。

独占ライセンス契約を結んだのは「選択的エンドセリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン