/

この記事は会員限定です

弘前大と生協、買い物データで健康指導 短命県返上へ

[有料会員限定]

弘前大学と青森県生活協同組合連合会(青森市)などは、顧客の買い物データを人工知能(AI)で分析して健康指導する事業を2022年度にも始める。店舗での定期的な健康診断も組み合わせ、食習慣の改善を助言する。健康増進の拠点として整備して短命県返上につなげる。生協は食品の効果的な品ぞろえにも活用し、顧客サービスに役立てる。

取り組みの名称は「コープ健やかショッピングサポート」。事前に登録した顧客の食材の買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン