/

この記事は会員限定です

首都圏、経済活動やマスク基準見直し 熱中症対策と両立

[有料会員限定]

首都圏の1都3県で新型コロナウイルスの感染状況が改善し、経済活動の再開やマスク着用基準緩和など行動要件の見直しが目立ってきた。東京都はリバウンド警戒期間を終え、社会経済活動の再開に向け一歩を踏み出した。各都県はマスクを外せる場面を都民、県民に具体的に明示するなどして、熱中症対策と感染対策の両立を模索する。

東京都はまん延防止等重点措置が解除されてから約2カ月間続いた「リバウンド警戒期間」を22日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン