/

この記事は会員限定です

福島の原発被災地で移住支援本格化 家賃高がネックに

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故で居住人口が大幅に減った福島県沿岸部などで、行政による移住支援が本格化している。復興に関心がある若い世代を中心に情報を届け、手厚い支援金で背中を押す。ただ、一部の自治体では都市部並みと言われる高い家賃がネックになっている。

関東地方などで暮らす5万人のうち、福島復興に「とても関心がある」「関心がある」のは合わせて46.8%。とても関心がある4271人のなかで福島に「とても住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン