/

この記事は会員限定です

「地産地飲」の機運醸成 茨城の酒、ワイン店や農家連携

こだま

[有料会員限定]

筆者はさほど酒に強くないが、ワインのほか日本酒も好きだ。緊急事態宣言が解除され、外で飲めるようになり安心している。改めて思うのは茨城に個性豊かな酒造会社が多く、品質の水準も高いことだ。

2020酒造年度の全国新酒鑑評会では「霧筑波」(浦里酒造店)、「渡舟」(府中誉)、「富士大観」(森島酒造)など茨城の9銘柄が金賞に輝いた。数は全国10位内に入り「茨城の酒は進化している」(茨城県酒造組合)。北海道米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン