/

この記事は会員限定です

北信越のAI活用、石川県加賀市は民間と連携し防災対策も

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県でも人工知能(AI)を活用する自治体が相次いでいる。中でも目立つのが石川県加賀市で、最多の32業務で導入済み・検討中だった。スマートシティ構想を掲げ、事務手続き以外にも防災面などでも着々と先端技術の導入を進めている。信越地域では新潟県長岡市がRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し、業務時間の削減などにつなげている。

加賀市は税務や戸籍といった事務手続きや、観光や防災と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン