/

この記事は会員限定です

静岡社会健康医学大学院大学、疾病予防へ長期追跡調査 

[有料会員限定]

静岡社会健康医学大学院大学(静岡市)は健康診断に遺伝子検査などを組み合わせ、データを分析して加齢に伴う病気のリスク要因を探る長期追跡調査を始めた。大学や自治体、企業と連携する全国でも珍しい研究になる。参加者には5年ごとに健診を受けてもらいデータを蓄積する。研究の成果は疾病予防に生かす。

静岡社会健康医学大学院大は社会健康医学を学ぶ単科の大学院大学として静岡県が2021年、国の認可を受けて開学した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン