/

この記事は会員限定です

小中学生から金利や投資学ぶ、埼玉など地銀が金融教育

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

関東8都県の個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入状況をみると、1万人あたりの加入者(2021年3月末時点)は東京都が460人で最も多かった。次いで神奈川県(390人)、山梨県(350人)、埼玉県(345人)と続いた。全国でも上位に位置する。各地の地銀や自治体は、若いときから金融知識や判断力(リテラシー)を学ぶことで、家計管理や将来の生活設計、資産形成で困らないように後押ししている。

金融広報中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン