/

この記事は会員限定です

静岡県、原油高対策で茶工場など支援 燃料代を補助

[有料会員限定]

静岡県は原油価格高騰を受け、茶農家などの経営を支援する。ロシアのウクライナ侵攻などの影響で出費が増えた燃料代を補助する。1日に県議会で可決、成立した一般会計98億5300万円の補正予算に事業を盛り込んだ。コスト増加に悩む中小事業者の経営を下支えする狙いだ。

国の事業と連動し、荒茶を生産する工場への補助金に必要な財源として約9億4000万円を計上した。県内の茶工場では新芽をもみ水分を出し、熱風で乾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン