/

セブン、岡山産食材の調理シリーズ化  第2弾は千両ナス 

セブン―イレブン・ジャパンは、岡山県産の食材を調理した食品をシリーズ化する。岡山市とJA岡山(同市)と組んで今年2月に投入した黄ニラを使う鶏だし雑炊に続き、第2弾として同市内などの特産「千両ナス」を使った麻婆(マーボー)ナス丼を24日発売した。夏場には県産のトマトを使った商品の投入を計画している。

同社では皮も柔らかく形崩れしにくい千両ナスと麻婆ソースを組み合わせ「食感のよい商品に仕上げた」(商品本部)。約400グラムで540円(税別)。岡山、鳥取両県と広島、島根の一部地域の約860店舗で4週間販売する。黄ニラの雑炊は3万食を販売したが、麻婆ナス丼では「それ以上売りたい」(同)という。

千両ナスは岡山市内を中心にJA岡山の農家75軒で生産、年間収穫量は1642トン(2021年度)。主に京阪神や首都圏向けで県内への出荷は1割未満で「地元で味を知ってもらいブランド化に弾みをつけたい」(JA岡山)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン