/

山口FG臨時株主総会、新任取締役を選出

山口フィナンシャルグループ(FG)は24日、臨時株主総会を開催し、23日に突然辞任した吉村猛前会長に代わる新たな取締役として曽我徳将専務執行役員を選出した。吉村氏の辞任により同氏解任案は取り下げたが、株主が23日夕までに行使した議決権では賛成が98.51%を占めた。

総会には約100人の株主が出席し、質疑応答では同社の企業体質について問いただす質問などがあった。終了後に記者会見した椋梨敬介社長は「本日、取締役会を再起動し、ガバナンス(企業統治)改善策を着実に実行していく」と表明した。

6月の株主総会後の取締役会で吉村氏の代表取締役再任を全会一致で否決したことについて「社外取締役が新銀行構想での吉村氏の独断専行を懸念し、1対1の相談はあったが、事前申し合わせをして合意形成した事実はない」と強調。弁護士の国政道明取締役監査等委員も「7人の社外取締役にクーデターを起こすメリットは全くない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン