/

福井県アウトドア協会が発足 情報発信を一元化

スキーやキャンプ、マリンスポーツ、登山といった福井県内のアウトドア情報発信を通じて観光誘客を目指す福井県アウトドア協会が発足した。アウトドア関連の店舗やスポット、体験ツアーなどの情報を集約し発信する。事業者同士が連携した集客キャンペーンなども想定。2024年春の北陸新幹線敦賀延伸を控え、福井県の自然の魅力を地域活性化につなげる。

愛称は「ふくいアウトドアーズ」とし、県内の事業者有志らが会員として参加する。代表理事にアウトドアショップ、カンパネラ(福井県坂井市)の平岡和彦社長が就任した。平岡代表理事は「福井は海も山も主要駅からわずか1時間でアクセスできる。北陸新幹線開通を目前にし、優しい自然を新たな資源としてアウトドアスタイルを一新し、福井を盛り上げる」と話した。

4月中をメドに、インスタグラムなどのSNS(交流サイト)で会員による発信を始め、10月には情報をまとめて閲覧できる公式ウェブサイトを開設する計画。平岡代表理事は「従来は事業者がそれぞれ発信していたが、まとめれば発信力が強くなる。福井は知られていない分、秘境的な魅力もある」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン