/

この記事は会員限定です

宮城県、企業決定前に追加造成 大衡村の工業団地

[有料会員限定]

宮城県は同県大衡村の工業団地の追加造成に乗り出す。2025年春をメドに30ヘクタールを工業用地として整備する。従来は企業の進出が決まってから造成するという姿勢だったが、立地決定から操業までのリードタイムを短くしたい企業のニーズに応え、誘致競争を有利にする。

「インフラがフルで整っている場所だ。ものづくりに限った企業にしか売らないということにしている」。11月、土地造成の発表会見で村井嘉浩知事は立地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン